So-net無料ブログ作成
検索選択

MioLink(手首用心拍センサー)を購入 [買ったもの・欲しいもの]

昨日は、味スタRCの年内最終練習日。メニューは5,000mTTでした。
前日にハーフをガチで走った脚でTTなんぞやったらぶっ壊れてしまいますので、わたしは疲労抜きジョグをしながらの応援です。
いやー、みんな素晴らしかったです。そして、生徒が走ったあと、コーチたちの自主練を見学。滅多に見られないコーチたちのガチ走りを堪能できて眼福でした。(ちなみに、1,000mインターバル、設定ペースは2'50、VDOT=75の世界ですネ。)

その後、今後の練習で何をしていったらよいかアドバイスいただいて、赤提灯でレバ串と厚揚げ納豆を肴に日本酒を一杯ひっかけてから帰宅しました。世間様がクリスマスイブでキラキラしている中、何やってんだヨ!という感じですが、ま、いいですよネ。(エヘ)


さて、表題の件ですが。

MioLinkを買いました。足立の前に、突発仕事で多忙になったストレスで(?)、衝動買いです。足立フレンドリーでユキさんに実物を見せていただいてから…と思っていたのに、密林危険!

チェストベストで装着するタイプの心拍センサーの圧迫感がどうしても苦手なので、手首に巻くタイプでいいのがないかと思って探していたのですが、これが一番良さそうでした。

miolink全体像.jpg

色は、白と黒と黄色があるみたいです。そしてベルトのサイズも、S/MとM/Lの二種類から選べます。
わたしは、白のS/Mサイズを購入。手首の太さ的には、ギリギリセーフでした。わたし、手首はかなり細いほう(11.5cm)なので、わたしが大丈夫であればほとんどの女性が大丈夫だと思います。あとは、ユキさんに教えていただいたのですが、センサー部分を取り外して、リストバンドで固定するという方法もあります。(落ちるのが心配だったら、テーピングで止めてからリストバンドをすれば完璧。)

miolink装着.jpg

▼センサーがベルトに埋め込まれています。センサーだけを取り外すこともできます。

miolinkセンサー.jpg

MioLink自体に液晶はないですが、Garminはじめ主だったGPSデバイスとはほとんどペアリングできるようです。

▼ペアリングできるデバイス一覧(公式サイト)
https://www.thisisant.com/directory/mio-link/

わたしのGarmin620もバッチリでした。米国版にそれぞれ対応の日本版(J)も、ユーザーレビューを見る限り大丈夫のようです。
ペアリングさえしておけば、純正の心拍計で計ったときと同様、Garminの液晶に心拍も表示されますし、GarminConectにも数値が転送されます。ただし、GarminForerunner620(ForeAthlete620J)+純正心拍計のセットでできることのうち、上下動と接地時間だけは出ませんでした。そりゃーそうですよね。その2つは手首では計りようがないですもの。
でも、回復所要時間やVO2maxは、ペースや心拍だけで計算しているらしく、MioLinkでの測定でも表示されました。

ちなみに、心拍ゾーンの設定もでき、6つのゾーンのどこにある状態なのかが、常時LEDランプで表示されます。

▼説明書より抜粋
miolinkゾーン設定.jpg

ペアリングしている時計のほうに心拍数は表示されるので、ランプも要らないっちゃ要らないのですが、わたしの時計の設定は、1画面目を3つに割って、上から「経過時間」「走行距離」「現在ペース」にしていて、心拍と前LAPは2画面目なので、走っている間にいちいちタップしなくても、ランプの色でだいたいの心拍ゾーンがわかるのはいいなと、使ってみて思いました。

蛇足ですが、みなさん時計の表示って1画面目に何を表示させていらっしゃるんでしょうか。わたしは下記の通りなのですが。

★経過時間……レースで、設定よりどのくらい時間に余裕があるのか、または借金しているのかを5kmごとに把握するために使う。また、距離より時間を重視する「3時間走」などのときに使う。
★走行距離……1kmごとに看板があるレース以外で、何キロ走ったのか把握するために使う。1kmごとに看板があるレースでも、Garminとのズレを確認するために使う。
★現在ペース……走りながら、設定ペース通りかを確認するために使う。


足立フレンドリーマラソンでは、MioLinkを装着して走りました。

▼心拍データ
足立の心拍推移.jpg

アフターで見ていただいたところ、「小動物かっ!」と言われました。2年前に純正の心拍計で197bpmをたたき出したときには、「うむ、誤作動か異常値かも」と思ったのですが、どうやらそうではなかったようです。グラフを拡大表示してみても、不自然に跳ね上がっている場所はないので。今回のハーフで、最大心拍数を更新してしまったようです。
最大心拍198bpm、最小心拍40bpm。これだと、一般的な心拍トレーニングの数値はまったく参考になりません。エーン。

最小のほうも、41bpmかと思っていましたら、もっと低いのがありました。

最低心拍.jpg

いつもは、普通の体調のときで42bpm前後、ポイント練習翌日や宴の翌日などは47bpm前後に跳ねあがります。安静時で50bpmを超えることはまずありません。ちなみに、起き抜けにベッドに横になったまま計測しています。日中に座位で計ると、50~55bpmくらいです。
この場合は、最小心拍数は40bpm採用なんでしょうか。それとも、普通の体調のときの平均の42bpm? 詳しい方、教えてくださいませ。

心拍トレーニングを勉強して、自分でゾーン設定しないとダメかもです。いろいろなペースで走って、サンプルをたくさん集めようと思います。
最大心拍と最小心拍がわかっても、閾値の心拍がわからないと意味がないので…。

ダニエルズさんの場合、エリート男子でもHRmax%90だそうですから、それだとわたしの場合は178bpm。エリート男子用の90%は適用できないと思うので、少し控えめに88%で計算すると174bpm。フルマラソンの30kmまでは、175bpmを超えたらダメそうですね。
12/06に、Mペース(平均LAPで4'51)で20km走ったときの心拍が、170~175bpm(平均171bpm)なので、175bpm前後というのは妥当のような気がしてきました。

▼再掲
1206ランのデータ.jpg

体感的には、ラクではないけれどキツクもなく、気持ちよく息がはずむペース、ハーハーはするけどゼーハーはしないペースだったようです。

ちなみに、足立ハーフでは、3kmめから175bpmオーバーでした。あははん♪



にほんブログ村

nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 10

りょうた

心拍数エグイっすねw
僕も言うときますわ、 小動物かっ!(笑)

ガーミンですが、僕はこんな感じです

RUNモード(練習時)
1P
上段 現在の心拍数
中段 現在のペース
下段 現在のピッチ
2P
上段 経過時間
中段 上下動 / 前回ラップタイム
下段 走行距離
※1km自動ラップ

RACEモード
上段 現在の心拍数
中段 現在のペース
下段 ラップタイム
※5km自動ラップ

by りょうた (2015-12-26 00:58) 

ston

こんにちはー。10kmに続き、ハーフのベスト更新おめでとうございます。コッコさんどんどん速くなりますねー

MioLink、データの安定性を見るになかなか正確そうで良いですね。胸ベルトって確かに煩わしいですもんね(特に洗濯がw)

ガーミンの1画面目をどうしたら良いかって確かに悩ましいですよね。アタクシの場合
1画面目
上段 走行距離
中段 経過時間
下段 ラップペース
2画面目
上段 心拍数
中段 ラップタイム
下段 現在のペース
3画面目
上段 心拍数
下段 心拍ゾーン

です。って心拍数カブってるし(;´Д`)
ざっくりと
1画面目は時間を区切って長めに走るとき用
2画面目はスピード練習用
的な感じで使ってます。3画面目はLSDなど意図的に負荷を低く抑えたいとき、でしょうか

ガーミンの心拍センサーは装着位置がちょっとズレると結構誤計測を起こすのでMioLink気になりますね
by ston (2015-12-26 11:32) 

れあ兄

いつも読んでいますがコメントは初めてです。今日ほど面白いエントリーはないと思ったので、ありがとう、ただそれだけ書かせていただきます。
by れあ兄 (2015-12-26 23:27) 

こしわか

リスト用なんてあるんですね。
良いこと、きいちゃった。
by こしわか (2015-12-27 16:37) 

コッコ

>りょうたさん
やっぱり、全体的に心拍数高いですよね。トレーニングを積むと下がってくるらしいので、まだまだ頑張ってトレーニングせいやーってことなのかな。
時計の設定も教えてくださってありがとうございます。練習モードとレースモードをわけるのは、ナイスアイデアですね。切り替えるのが面倒なので、1つで管理してしまっていますが、確かにりょうたさんみたいにしたほうが効率的かも!
by コッコ (2015-12-27 16:55) 

コッコ

>stonさん
ありがとうございます、少しでも成長できてはいるようなので、練習頑張ろうと思います。
MioLink、購入する前にリサーチしたときに、チェストベルト式のセンサーと比べてどうなのかを二個付けして検証されているサイトもありました。その方の実験の結果、きちんと装着すればチェストベルト式と同じだったとのこと。購入に踏み切った理由でもあります。何度かつけて走ってみましたが、異常値も出ないですし、精度はなかなかだと思います。
stonさんの時計の設定、一画面目は心拍・ペース・ピッチですか! 何を気にして走っているのかがわかっておもしろいですね。わたしも今後、心拍の優先順位があがりそうなので、その際には設定も考え直そうと思います。
by コッコ (2015-12-27 17:01) 

コッコ

>れあ兄さん
コメントありがとうございます! 心拍については不勉強なので、調べつつ書いた記事ですが、楽しく読んでいただけたなら嬉しいです。
れあ兄さんのツボにはまったのが、「クリスマスイブに練習→赤提灯で一杯」の部分ではないことを心から祈りつつ(笑)。
今後ともよろしくお願いいたします。
by コッコ (2015-12-27 17:03) 

コッコ

>こしわかさん
そうなんですよ。わたしみたいに、チェストベルト式が苦手な人にはいいと思います。14,000円くらいで少々高いですが、こういうのはストレスなく使えてナンボだと思いますので。
by コッコ (2015-12-27 17:04) 

あおmama

私もMioLinkの魅力にやられてしまいそうです。楽天でポチる寸前でおもいとどまったり…
あぁ〜欲しいなぁー!
by あおmama (2015-12-30 13:01) 

コッコ

>あおmamaさん
なかなかいいですよー。チェストベルトが苦手な人にはおススメです。
デメリットは、充電が必要(USBケーブルです)なのと、チェストベルト式より少々割高なことくらいかと・・・。
by コッコ (2015-12-30 19:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。