So-net無料ブログ作成

宜蘭奥林匹克ハーフ★スペシャルゲストをお迎えして★ [レース]

昨日は、日本からのスペシャルゲストをお迎えし、台湾のランニングクラブの皆さんと一緒に、宜蘭でハーフマラソンに参加してきました。
宜蘭というのは、こんな場所でして……

宜蘭の場所.gif

台北からは東側にあたる風光明媚なマリンリゾートでしで、この少し上に、観光地で有名な九份があります。
かつては雪山山脈を迂回して移動しなくてはならず、けっこう不便だったらしいのですが、世界第5位(らしい)の長さを誇る雪山トンネルが開通してからは、台北市内からバスで1時間程度で移動できるようになりました。

マラソンスタートは、朝の6:30。
当日は2:30起床です。3:10に自宅をタクシーで出発、途中でホテルに宿泊のスペシャルゲストを拾って、3:40頃、台北駅に到着。ここで仲間と待ち合わせ、4:00出発のバスで宜蘭へ。

朝早かったので1時間ほどで到着。
台北より若干涼しいような気もしましたが、それでも暑い…。
「練習もできていないし、とにかく死なないように気をつけて走ろう。」と思いました。
往路はまだ涼しかったような気がしたのですが、復路は地獄でしたねぇ。
Garminの記録を見ても、スタート時の気温は30℃を切っていたので、確かにまだマシだったようです。木陰も多少ありましたし、台北より湿度が低かったように思います。

宜蘭コース.jpg

結果はこんな感じ。

宜蘭LAP.gif

ハーフなのに2時間もかかってしまいましたよ……とほほ……。
6'00/kmくらいで走って、最後余裕があったらあげようなんて思っていましたが、キープが精一杯でございました(汗)。

二等兵スタイル+グラサンという怪しさ満点の格好で頑張った……!!
どうせ速くは走れないからと思って、戦闘服ではなくてランニングクラブのTシャツを着たら、ダボダボでパンツが見えなくなってしまい、余計に妙ちくりんな格好に(汗)

公式.jpg

2.5kmごとの給水は、水とスポドリと両方取って2杯ずつ飲み、走り終わった後、いただいたドリンクを一気飲みしたのにまだ足りず。凍らせて持参していた麦茶を飲んで、やっと喉の渇きは癒されましたが、今度は汗がとまらなーーーーい。

気が付いたら、立っていた場所に汗で立派な水たまりができておりました(笑)。
そして、そんなに飲んだのに、台北市内に戻ってくるまで、1回もトイレに行かずにすんでしまったという…。
今回は、前回にもまして灼熱の台湾ランでしたが、やっぱりレースは楽しいですね。
在住歴が長いかたに言わせると、「1年目は体が慣れなくてこの暑さが本当に堪えるんですけど、2年目になると暑いは暑いんですが、だいぶ慣れて体が動くようになりますよ。」とのこと。本当かなあ。

来週は、いよいよエア柴又です。
とにかく安全第一に、無理のないように走りたいと思います。

集合.jpg



にほんブログ村

nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。