So-net無料ブログ作成

東京マラソン☆当たりました☆ [大会エントリー]

4回目のエントリーで、初めて当たりました、東京マラソンーーー!!!

当選メール.jpg

「当たりました」報告が、こんな中途半端なタイミングなのは、日本国内のエントリーとは別枠だったからです。

今回わたしが使わせていただいた枠はこちら

応募フォーム.jpg

準エリート(国外)

★対象
国外居住者(国籍不問)

★エントリー資格タイム(※)
男子フルマラソン  2:21:01 〜 2:55:00
女子フルマラソン  2:52:01 〜 3:40:00

★定員
200名(暫定/男女比は追って決定)

※2015~2016年のAIMS、IAAF(ゴールド・シルバー・ブロンズラベル)の大会。
レースリストが掲載されており、それによると2017年の東京マラソンエントリー時点で、日本国内のレースで上記を満たすものは以下の14大会。

大阪国際女子/別府大分/東京/北九州/京都/びわ湖/名古屋ウィメンズ/徳島/長野/北海道/さいたま国際/神戸/富士山/福岡国際

わたしの場合、PBは2015年のかすみがうらの記録ですが、この大会は対象外でしたので、セカンドベストの2015年の名古屋ウィメンズの記録3:30:30で申告しました。

大阪やつくばなども対象外ですので注意が必要です……って、こんなニッチな参加枠を狙う人が他に多くいるとは思えませんが。(^^;;

ちなみに、台湾は日本の1/6くらいの人口ですが、対象大会が8つもあります。

金門馬拉松/臺北渣打公益馬拉松/新北市萬金石馬拉松/高雄MIZUNO國際馬拉松/宜蘭國道馬拉松/臺北馬拉松/陽明山越野路跑賽/臺南古都國際萬人馬拉松


海外からのエントリーには、このほかにも国外一般枠もあります。倍率は公表されていませんが、周囲の台湾人のラン友たちの実績だと、3人から5人に1人が当選しているようですので、日本国内よりも有利な条件だと思います。国外準エリート枠の倍率はどの程度だったかわかりませんが、わたしがエントリー初日のお昼頃に申し込んで、受付番号は300番台半ばでした。

※そもそも、審査が抽選だったのかどうかもわかりません。明記されていませんでしたので。でも、わたしごときのショッボイ持ちタイムでも当選しているので、速い順に選んだとは思えず。
(資格タイムや対象大会の箇所をちゃんと読まずにエントリーしちゃったうっかりさんがいっぱいいて、審査で弾かれた人が多かったとかならわかるのですが…。)
ちなみに、エントリーシートには、ご丁寧にも「選に漏れた場合、海外一般枠に自動エントリーしますか?」という質問までありました(笑)。


過去の栄光のおかげで参加資格を得ることができましたが、問題は並び順です。
いろいろ調べてみると、どうやらエリート選手の真後ろのスタートみたいなんです。東京マラソンのエリート資格は男子は確か2時間17分前後、ハーフで62分とかそんな感じでしたから(うろ覚え)、後方のブロックには、福岡国際レベルで走るメッチャ速い選手たちがゾロゾロいらっしゃるわけですよ。

過去にはスタート直後の転倒事故も起こったらしいですし、せめて次ブロック最後方でスタートさせてもらえないかなあ、と願う次第です。

もちろんわたしだって、いちおう大会が定めた資格タイムをクリアし、正規の手続きでもって参加資格を得ていますし、資格タイム以内(3時間40分)で走れるよう、頑張るつもりです。でも、それだって、スタート時の速度はキロ5とかだと思うんです。3分台で吹っ飛ばしたいかたにしてみたら、邪魔以外の何物でもないですよね。男女の資格タイムに差があっても、男女別レーンのスタートだったらまだマシかなって思うんですが……。前のブロックに入り込むのはもちろんNGでしょうが、後方に下がるのもダメなのかなあ。

この問題と、参加案内がぜーーんぶ英語で来ることだけがビミョーに憂鬱ですが、マラソンをはじめて以来、初めて当たった東京マラソン。とってもとってもとーーっても楽しみです!!! 

これで、今年度走るフルマラソンは、以下4本に決まりました。贅沢なことに、大都市マラソンばかりになってしまいました。

10/30 大阪マラソン(確定)
12/18 台北マラソン(エントリーこれから)
02/26 東京マラソン(確定)
03/12 名古屋ウィメンズマラソン(確定)


以下蛇足

海外からのエントリーの場合、東京マラソンの英語ページに飛んで(日本語ページからは入れません)、大会の趣旨、レースの規則、エントリーのレギュレーションなどすべてに同意のチェックを入れて、メールアドレスを入力すると、エントリーページの案内メールが届くので、そこから1時間以内にエントリーします。

氏名、性別、生年月日、国籍、現住所、電話番号など必要事項を記入した後、資格タイムとどの大会で出したものかをプルダウンで選択、証明書類を添付してエントリー完了、という流れでした。

なお、「ナンバーカード引き換え時に、パスポート・レジデンスカード(居住証明書)など写真付きの本人確認書類原本を持参してください」とのこと。ここでエントリーに偽りがないかの確認をし、もし齟齬があった場合は参加資格を失うと書いてありました。忘れないようにしないといけません…。



にほんブログ村

nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。