So-net無料ブログ作成
検索選択

渣打台北馬拉松(ハーフ)走ってきました [レース]

昨日は、渣打台北馬拉松のハーフマラソンの部を走ってきました。

東京マラソン二週間前のレースということで、今回のレースの目的は、東京マラソンのレースペースの見極め。
過去の経験上、わたしの場合は、直前のハーフをフルの目標ペースの15秒落ちくらいで走れなければ、目標ペースの下方修正が必要です。東京を3時間45分以内(平均LAP=5'20/km)で走り切るためには、最低でも1時間47分(平均LAP=5'05/km)、あわよくば1時間45分(平均LAP=4'59/km)で走れればと思っていました。

それ以外にも、レース内容も重要です。最後まできちんとプラン通り走り切れなければ、フルでもオーバーペースになってしまうこと必至。
市内と河川敷を走るほぼフラットなコースということで、前半10kmを鼻呼吸で走れるギリギリのペース(おそらく5'00~5'10の間)で走り、後半勝負、ラスト5kmはペースアップ。そんなイメージで考えていました。


そんな大会当日。
台湾の大会は朝が早いため、3:30分起床です。

眠い目をこすりながら準備をし、買っておいたサンドイッチとバナナで朝食。4:20に家を出て、タクシーで待ち合わせ場所に向かいます。4:45、日本人ランニングクラブの待ち合わせ場所に集合。準備・写真撮影などをして、歩いてすぐの会場へ。

まだ暗い.jpg

今回は、スタート地点が総統府・ゴールが河川敷(迎風河濱公園)と、スタートとゴールの場所が違うため、荷物預けの締切がはやく、5:30が締切でした。パパッと荷物を預けて、スタート地点に並びます。

毎年そうなのかはわかりませんが、今年の渣打台北馬拉松は、ハーフの部は、6:00にフルマラソンのランナー(4,000人)と同時に3,500人が、6:15に7,500人がスタートするという時差スタート形式でした。フルとハーフは、10kmほど走ったあたりでコースが分かれます。15分差スタートでは、すぐに6:00スタート組の最後尾に追いついてしまうと思いましたので、早いもの勝ちのクリック合戦は気合を入れて臨み、6:00スタートの枠を確保していました。

前から20列目くらいを確保して、いざスタートです。スタートロスは30秒くらいでした。


前半LAP
5'30-4'58-4'58-5'05-4'55
5'00-4'59-5'02-4'58-4'56


スタートしてすぐは大渋滞です。タイム順整列ということはめったにないのが台湾の大会の特徴ですので、走り始めて3kmで歩きになるようなランナーでも、普通に友だちと一緒に前のほうに並んでいたりします。でも、速いランナーが「すみませーん」と人をかきわけて前のほうに行くことにも何の問題もなく、スタート前がそんなにギスギスしていないのが良いところでもあります。

1kmくらいで人がばらけて走りやすくなりましたので、ここから先は巡航です。鼻呼吸で走れるギリギリのペースを探りながら走っていましたが、それがだいたい5'00/kmくらい。「よし、キロ5巡航だ!」と決めました。

4km~5kmの間で、基隆河を渡る橋の短い上りがあります。まだ前半なので、足を使わず余裕をもって上ることを意識しました。
この上りを終えて川の対岸に出たあたりで、フルマラソンに出場していたkent隊長に追いつきました。このレースが本命レース、PB更新を狙うため気合いを入れて前のほうに並んでいたkent隊長。エール交換して前に出ます。
その後、同じくフルを走っている台湾人の友だちも発見。「頑張ってね!」と声をかけて追い抜きました。


後半LAP
5'05-5'00-5'02-4'48-4'54
5'04-4'48-4'49-4'50-4'42
4'42-(4'18)


10kmすぎでフルのランナーと別れ、ハーフのランナーは環東高架道路に上っていきます。ここから13km過ぎの折り返し地点まで、最初で最後のスライド区間になります。
半分は過ぎたけれどまだ先も長い10km~15kmは、疲労もじわじわたまってきて気分もダレてくるので、ここでスライドというのは、気分転換になってよかったです。
知り合いを見つけては声を掛け合いしながらペースをキープ。徐々にフーハーの鼻呼吸では走れなくなり、ハッハッの口呼吸も混じりはじめましたが、まだ声が出るほどではありませんでした。

高架を降りたところでいったんフルのランナーと合流し、再び混雑してきましたが、走りにくいというほどではありませんでした。フルのランナーはまだ12km地点くらい、ハーフのほうは15kmをこえているので、ペースはハーフのランナーのほうが速く、それが精神的にキツかったです。

周囲のペースが自分と同じくらいなら流れに乗って走るのみなのですが、そもそもの人数的にも、そのくらいで走るランナーの比率的にも、フルのランナーのほうが圧倒的に多く。流れのメインがキロ6オーバーなので、そのペースの誘惑を断ち切ってどんどん前に出なければならないのがつらい…。この区間は、少し前を走っているハーフのランナーの後ろ姿だけを見て、離されないようにだけ気を付けて走っていました。

幸いなことに、その区間はさほど長くはなく、17km手前で再びフルのランナーとはルートが分かれました。(案内は非常にわかりやすく出ているので間違えることがまずないと思います。誘導もしっかりしていました。)

時計が16kmのLAPを知らせたところから、ペースアップです。
同様のランナーは他にもいて、明らかに加速している男性ランナーをターゲットにして、3mほど離れてくっついていきます。
「ハッハッ」の呼吸音がはっきり出てきましたが、まだ喉声というほどでもないので、あと5kmならいけるはず。
最後の5kmをきちんと走れるかはこのレースの試金石なので、ここからが勝負です。ペースアップしているつもりでも、ペースアップできていなかったら心が折れるので、16km以降は時計を見ませんでした。

コッコはしる.jpg

3kmほどそのペースで粘り、汐五高架をくぐって左折、ゴール地点となる大直橋が遠くに見える直線に入ってからは、さらに加速(のつもり)。残り約2km、ロングスパートです。

「あと10分ちょっと。がまんがまんがまん~!!」と思いながら走ります。想定よりもはやくゴールゲートも見え、電光掲示板が1時間45分を過ぎたのも確認できました。スタートロスがどのくらいだったのか定かではなかったので、「うおー、急がないとネットで切れない!」と思ってスパートしたのですが、惜しくも6秒オーバー……。ちと詰めが甘かったです。
でも、ほぼプラン通りに走れましたので、レース内容としては満足です。

リザルト.jpg

今回の結果は、VDOT=42.6。ダニエルズさんによると、フルは3時間38分05秒の予測タイムです。速いペースでのロング走をあまりできていないことを考えると、3時間40分を目標にするのはちょっと危険な気がしますので、東京マラソンは、大阪マラソンの市民アスリート枠がもらえる3時間45分を目標にしてレースプランを組み立てようとかと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

TARTHER JAPAN TOKYOでゆるっとSPEED RUN [練習]

旧正月休暇で日本に帰り、味スタなどで練習もしたのですが、それ以上に食べたり飲んだりしたため、案の定肥えて台湾に戻ってまいりましたコッコです。

さて、そんな旧正月明け一回目の台湾での練習は、お土産を渡すのも兼ねて、台湾人の友だちと一緒に中正記念堂の周囲を走ってきました。
のんびりとジョグするときには、ここを走るのが一番好きです。誰かしら知り合いが走っていることも多いですし、一周2kmなので5周やれば10kmというのもいい感じです。

故障から復帰したての友人もおり、ペースはまったく気にしないで、のんびりおしゃべりを楽しみつつのラン。5周で約10km、ペースは6'00/kmくらいでした。


そして昨日は、NIKEの練習会に参加。さっそく、ターサージャパンの東京マラソンモデルを穿いてみました。

初めてのasicsのシューズですが、同じ日本のメーカーでも、MIZUNOとは足型が違う感じです。買った際にもお店のかたから言われましたが、少し幅広なつくりの印象です。シューレースをしっかり締めたら、だいぶ紐が余ってしまいました(笑)。

そして、わたしの足は若干甲が薄いので、中で脚が左右に動きます。いつもは、シューズの最後の穴(一番足首側の高くなっている部分より、さらに足首側、一段低くなっている場所にある穴)まで紐を通して、足首部分も使ってフィットさせるのですが、その穴がないつくりのシューズなので、よけいにホールド感が薄いイメージ。

穿いた瞬間、すぐにピタッと足がはまるようなフィット感は残念ながらなかったのですが(注:あくまで、わたしの足の形に対してということです。)、グリップはしっかり効いていて、スピードの出るシューズだと思いました。

トラックで5kmくらい走る分にはまったく問題なかったです。今度、練習でもう少し長い距離も試してみようと思います。


NIKEの練習会は、ここのところ、東呉大學での開催が続いています。前回のSPEED RUNがとてもきつかったので、旧正月明けで鈍った身体でこなせるのかとても心配でしたが、昨日の練習はとってもユルかったです。

台湾のNIKEの練習会は、同じ青組なのに、回によって設定ペースがだいぶ違う印象です。
昨日のメニューは、
 200m×4本
 400m×2本
 800m×1本
 400m×2本
 200m×4本
でした。

設定ペースは、日本のMIDORIコーチによる設定は、200mがマイルペース、400mが5kmペース、800mが10kmペースとのこと。そして、以前コメント欄でbgさんに教えていただいた基準によると、青組は5kmが4'35/kmの組。5kmだいたい23分のクラスですね。

これをダニエルズさんの計算式に投入すると、マイルペースは4'13/km、5kmペースは4'35/km、10kmペースは4'46/kmとなります。

ですが実際は、200mのときのペースは4'25/km、400mのときは4'45km、800mに至っては、5'00/kmのペースでした。1kmあたり10~15秒、予想より遅かったです。200mは、まだ疾走感がありましたが、800mは、なんかこう……ハーフとか10kmのレースを走っているみたいな感じで、たいへん物足りなかったと言いますかなんと言いますか……。

途中でひとつ上の紫に移動してしまおうかとも思いましたが、こちらのクラスの設定は、5km21分(4'10km)で、マイルペースが3'48/kmと、ちょっと速すぎる印象でしたので躊躇してしまい、結局最後まで青で走りました。

NIKE.jpg

そんな台湾でのランですが、ここのところ、ずいぶんと冷えてきて、ぬる寒い天気になってきました。日本の、キーンと澄み渡った鮮烈な寒さと違って、ジットリと重たく寒い感じです。それでも10℃程度はありますので、日本に比べたら暖かいのですが。

相変わらず湿度が高いのだけはやっかいですが、走る分には今のコンディションは寒すぎる日本よりも良いかもしれないです。

しかし、生活するにあたっては、意外な落とし穴が。台湾には「暖房」というものがほとんどないため、今借りているお部屋にも暖房器具は備え付けられていないのです。クーラーも冷気しか出ない仕様です。オフィスや商店も同様なので、外から建物の中に入っても外と変わらず寒く、熱源がお湯を沸かすかシャワーしかないというのも、意外と辛いものだなと最近感じています。さすがに10℃だと、暖房をつけたい気分になります。

まあでも、そんな悩みも贅沢の部類。
せっかくの短いランに最適なコンディションの期間なので、引き続き楽しく練習していきたいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

TartherJapan東京マラソンモデル [買ったもの・欲しいもの]

台湾人の友人に頼まれ、asicsのショップへ、東京マラソンモデルのTartherJapanを買いに行ってきました。
わたしの知っているのは原宿の店舗でしたが、銀座の店がリニューアルオープンしたとのことで、今回は銀座へ。

ショップ.jpg

台湾でもasicsのシューズは買えますし、日本人に足形が近く、かつ日本製品が大好きな台湾人には絶大な人気を誇っているasicsなのですが、残念ながら、このモデルは台湾では発売されないようなのです。(日本では2017年1月13日から、直営店とオンラインストアで発売開始。でも、現時点で台湾の店舗には並んでいないとのこと。 2/6追記:2/17より発売するもよう。でもどうもTartherJapan以外の2モデルのみのようです。)

シューズマニアの友人から、「荷物になってごめん、でもどうしても欲しい、買ってきて!」と言われ、いつもお世話になっていることだしと、出掛けてまいりました。
頼まれていた27cmは残りあと4つ。頼まれていたのは2足(ふたり分)で、あと1足、別の子にプレゼントに買ってあげようと思っていたので3つキープ。
TOKYOのロゴがあちこちにちりばめられているし、色もめっちゃ可愛いので、見ているうちに自分も欲しくなってきてしまいました。

▽画像は公式サイトより
ジール.jpg

シューレース.jpg

中敷き.jpg


お値段は19,000円もして、まったく可愛くないのですが、デザインは可愛い…。
東京マラソンモデルは、TartherJapan、Dynaflyte、Gel-Kayanoと3種類出ていましたが、デザイン的にはTartherJapanが一番可愛い。

いつもWaveSpacerDynaを履くほどではない速さでのペース走するのに重宝しているWaveAmulet(サブ3.5クラス、170gと軽量ですが、ソールはイボイボじゃなくて長持ちするタイプでクッションも効いてて走り易い)がそろそろヘタってきたので、代わりになるなら買ってもいいかな…。

「あのう、わたくしアシックスのシューズははじめてなのですが」と、店員さんに相談して履かせてもらうことに。
いちおう4時間は切ってる(今の走力でも、たぶん切れる…)旨伝えましたら、「それだけ走れるかたなら問題ないですよー。いつもはMIZUNOさんで?(MIZUNOのシューズを履いていたので) いつもレースはMIZUNOさんのWaveSpacerDyna? ああ、じゃあ絶対に大丈夫ですよ。」とのこと。
しかも、わたしのサイズ(23.0cm)は、この店では最後の一足とのこと。

「あーーー、記念になるし、いいかなぁ」と、清水ダイブしてしまいました。
ちなみに、海外居住なので、パスポートと海外居住証明書提示で免税にしてもらえました。4足で8万円近い出費だったので(頼まれ分はあとで回収しますけど)、免税は大きいな~! ラッキーでした。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

古巣のARCで8,000m変化走 [練習]

昨日は、会社に寄りついでに、古巣の味スタRCで走ってきました。
気温3℃、風もあってチョ~~寒かった!! 日本はやっぱり寒いですね~~!!

楽しく初心者クラスに出た後、中上級Cで変化走の予定でしたが、初心者クラスの参加者はなんとわたし一人……。爽やかコーチ貸切!! 贅沢といえばこの上ない贅沢ですが、他にマダムがいないと、爽やかコーチが鬼コーチになってしまいます!!

「うーん、コッコさんひとりかぁ。じゃあみっちり補強をやりましょうかね」

……うぐぐぐぐ。

動きづくり、コアトレ、補強。
ラダー、腹筋背筋、プランク、ランジ、バーピージャンプ。みっちり30分。寒かったのにじわじわと汗が出てきました。
そのあと、「長めのジョグで脚に負荷をかけてからの中上級は、いい練習になりますよ~」とのことで、コンコースを9周して中上級クラスにそなえました。(7.2km、5'20/km)


5分ほど休憩し、今度は中上級C。本日のメニューは8,000mの変化走で、③5'00→②4'50→②5'00→①Freeでした。

メニュー.jpg

伴走はニコニココーチ。仲間が、「コッコさん久し振りなんだから、コーチの横に行きなよ~」と一番走りやすい場所を譲ってくれましたが、400~600mあたり、風が強かったのでキツかった~。
5'00/kmは、フーハーの呼吸で走れましたが、4'50はけっこう必死。頑張らないと出ないスピードなので、ハァハァ呼吸になってしまいました。

4'58-4'57-4'55
4'47-4'47
4'57-4'54
4'26

最後の1kmは、仲間にあっという間に置き去りにされましたが、自分のペースで粘りました。フレッシュな状況での1kmTTならともかく、今の状態では、ラストスパートで出せるスピードの上限がこのあたりなんだろうなぁ。

とても楽しい練習ができました。
次はいつ来れるかなぁ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。